BIG-HUG

アクセスカウンタ

zoom RSS 「太平洋戦争日本勝利せば」

<<   作成日時 : 2005/06/29 09:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

 「太平洋戦争日本勝利せば」

1.シミユレーションの目的:

 日本国内には、太平洋戦争は日本が止むに止まれず不本意ながら行って戦争であり、韓国、中国への進出も一概に侵略とはいえないという意見が現存する。

 日本の進出はアジア各国の独立をもたらした結果となり、敗戦による「極東裁判」も戦勝国の一方的論理による不当な判決であり、A,B,C級戦犯の「靖国合祀」も当然であり、首相の「靖国参拝」もまた今後共行われるべきであり、周辺諸国の批判に応える事は、内政干渉に屈服する事であるという意見も少なくない。

 また上記意見に反対の意見もまた少なくない。この問題を考えるには、日本が太平洋戦争に勝っていた場合をシミユレーションする事で検証する事は、一つの判断の材料となるのではないだろうか。

2.シミユレーションの前提:

 日本が勝利したという仮定のシミュレーションの前提として以下の条件と前提を設定した。
 勿論その前提が現実的でなく不可能であろうという根拠も併記する。
  
1)このシミュレーションで用いられる、当時の戦争経験者(軍隊での戦争経験者及び一般民間人)の発言は、実際の聞き取り等による証言に基づいている

2)日本は、米国に勝利すると共に中国、朝鮮(現在の韓国・北朝鮮)内の抗日運動武装勢力をも完全鎮圧し、東南アジア諸国における利権も確保したと仮定する。

3)日本軍にも相当の損害があったが、サイパン、硫黄島、沖縄における被害はなく、本土空襲も受けず従って広島・長崎の悲劇もなかった。

上記前提は、以下の理由で非現実的で不可能であると思える。

@日本は戦勝国として、上記各国を占領統治せねばならない。説明を容易にするため、占領統治国を、アメリカ合衆国、中国、朝鮮の3カ国として、他のアジア周辺国は、各国に傀儡政権を樹立して間接統治すると仮定した場合、以下の問題に直面する。

A日本の勝利で終戦となった場合の日本軍の兵力を、当時の人口から割り出して300万人(Max)と仮定して、アメリカ本土、中国、朝鮮に200万人の軍隊を4.5:4.5:1の比率で占領軍として派兵したと仮定すると

アメリカ: 90万人:アメリカ本土40州に均等に兵力を配置したとして、22,500人/1州の兵力となる。 アメリカの人口を2億人と仮定し反日のゲリラ活動をしたとすると、222人/1兵士となる。

中  国: 90万人:中国本土を10県に分け均等に兵力を配置したとして、90,000人/1県の兵力となる。中国の人口を10億人と仮定し反日のゲリラ活動をしたとすると、1,111人/1兵士となる。

朝  鮮: 10万人:朝鮮半島を10分割に分け均等に兵力を配置したとして、10,000人/1区の兵力となる。朝鮮の人口を4千万人と仮定し反日のゲリラ活動をしたとすると、400人/1兵士となる。

日本国内: 国内に確保する兵力は100万人であり、現在の42都道府県に換算すると、23,000人/1県となり、1県当たり200の市町村と仮定すると、115人/1市町村という、極めて脆弱な国防となる。

B上記の数字からも、到底円滑な占領統治は不可能であり、最終的に占領地における全滅もあり得るが、ここではその点は不問として当時の軍部指導者が敗戦までに実行してきた他国への対応を前提に、勝利した場合のシミレーションをしてみる。

3.日本が勝利した後の世界
     
1)敗戦を見越し、事前に内閣総理大臣を辞職した東条英機はじめ、開戦時の戦争指導者達は復権し、国家の指導者として君臨

2)被占領国(米・中・韓)の国民には、日本名への改名を命じ、反抗者は収容所送りとし、労働等を科す。

3)日本語教育を進め、天皇は現人神として崇拝、軍人への服従も徹底させる。

4)被占領国の国民は、人種差別政策により第二,第三国民として扱う

5)被占領国の男子は労務を、婦女子には必要に応じて軍隊への慰安婦役務を科す

6)国内、国外を問わず戦争反対者、体制批判者は厳しく罰する

7)国民皆兵、徴兵制度は維持、持続される。

8)報道、教育、芸術その他国民の目に触れる事案は全て軍部の検閲対象とする

9)被占領国民による自由な選挙、労働組合運動はこれを禁止

10) 占領国の独立は認めない。統治の為に現地政府が必要な場合は日本国の擁立する傀儡政府を置き、その首長は日本政府が任命する。

11) 傀儡政府の首長は、現地占領軍最高司令官の命令の従う

12)生物・細菌兵器の実験等に生体が必要な場合、被占領国国民で重罪と認められる者を供する。

13) 米国で研究中であった「原爆」の製造を、あらゆる手段を用いて実現させ、これをもって軍事外交上の切り札とする。

14) 国家間の紛争解決には「原爆」の使用を躊躇しない

15) 上記国家方針に異議を唱える者は「非国民」と見做し、被占領国国民と同様の扱いとする。

 以上の大部分は、日本が敗戦までに朝鮮半島、中国等で実践していた事であり、その実行にはそれほどの困難はない。

 尚、このシミユレーションでは、日本が米国に勝利する事が要因となりヒットラー率いるナチスドイツ及びムッソリーニ率いるイタリアが欧州において勝利し、日・独・伊三国による世界占領までは含んでいないが、三国が共に勝利した場合想像される「戦後の世界図」は、読者の想像力にお任せする。

 現実は、昭和20年8月敗戦と同時に連合軍(主にアメリカ)の占領国となり、サンフランシスコ講和条約によっての独立となった。

 その後60年間の日本の軌跡と日本国勝利のシミュレーションを比較した場合、戦争は起こした理由だけでなく、終わった後のあり方まで含めて正しい戦争、誤まった戦争と判断するとすれば、旧日本軍の始めた戦争は正しい戦争と云える戦争で終われたのであろうか
 
 あの戦争に正当性があるならば、日本が勝っていたほうが、世界は今より良くなっているはずである

                                                   


人気blogランキングへ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アメリカ合衆国
アメリカ合衆国アメリカ合衆国(―がっしゅうこく)、通称アメリカまたは米国(べいこく)は、北アメリカ大陸および北太平洋に位置する連邦共和国。北アメリカ大陸中央部の大西洋と太平洋に挟まれた本土以外に、大陸北部のアラスカ、太平洋のハワイ諸島、アリューシャン列島を国土とする。さらに本国の他に、プエルトリコや... ...続きを見る
国-ACCESS
2005/07/06 00:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
これはまた剛毅なシュミレーションですねえ(w
ちなみに加納は「あの戦争はどうあがいても勝てない戦争だった」と思います。
強いて言えば、日露戦争で勝ちすぎなかった&日英同盟を堅持していれば、もう少しマシになった可能性はあります。

ただ、正しておきたい点があります。

一つ、創氏改名。
これは許可制で、強制ではありません。事実、台湾人の方は「朝鮮人には簡単に許可が降りたが、なかなか台湾人には許可されず、悔しい思いをした」と言っています。

一つ、人種差別。
なんだか誤解があるようですが、差別意識が皆無だったとは申しませんが、日本統治下では人種差別の制度はありませんでした。
そもそも、日本は世界で始めて人種差別撤廃をベルサイユ条約交渉で求めた国なのですが?
オーストラリアのウィリアム・ヒューズ首相の選挙演説
「我々の主たる綱領は、もちろん白いオーストラリアだ。これ に関しては妥協の余地はない。働き者の有色人種の兄弟は去れ。 戻ってくるな」
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog053.html
加納綾一郎
2005/07/05 22:37
ソースが全部一緒ですが、あしからず(苦笑

「オランダの植民地政庁は長い間愚民政策を採ってきました。インドネシア人を教育すると、目覚めてオランダに反抗する かもしれませんし、また、農業に従事するだけなら教育は 必要ありません。・・・学校に通うことのできるインドネシア人は全体の数%くらいではなかったでしょうか。・・・ところが日本軍は、やって来ると、さっそく教育に力を 入れ始めました。戦争でいったん休校になった学校を再開し、すぐに3年間の初等国民学校と、その上にさらに3年間勉強できる国民学校作りました。・・・日本軍がきてわずか1年あまりで、それまでの倍近くの子供が学校に通うようになりました」http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog193.html

加納綾一郎
2005/07/05 22:59
色々なご意見を頂けて感謝です。
自分でも、ある命題に対してコメントをするに値するだけの情報を公平且つ充分収集してから発言しているかと云うと自信が有りませんが、沢山の人のディベート起爆剤になれたらと思って書いています。
特に若い人達が、たまたま目にした情報や、誰が言った、誰が書いているいるという又聞き情報を元に是非を論争しているようで心配です。
太平洋戦争でも、大本営のむちゃくちゃ作戦・全員突撃命令の腹を立て、英語で云えばFuck-youの電報を東京に打って全員戦死した司令官(大将)がいた事等(一例ですが)あらゆる面から過去を自分の目と身で吸収して今後の日本の行く末を判断してもらいたいと切に願っています。
BIG-HUG
2005/07/06 14:18
誤解されてますね。。日本は朝鮮とは戦争してませんよ。1900年初頭に朝鮮は朝鮮側の依頼により、合法的に日本に併合されています。太平洋戦争時、朝鮮は日本だったのです。当然、その当時、朝鮮人は日本人だったので、日本人としてアメリカと戦っています。現在、朝鮮が日本に謝罪と賠償を要求していますが、日本が負けたとたんに寝返って被害者づらしているだけです。
三国人
2005/07/10 03:02
被占領国の婦女子に慰安婦役務を科したことなどありません。貧しさのため売られてきた、あるいはだまされて慰安婦になった婦女子はいましたが。朝鮮だけでなく、日本人・離島・沖縄の人も同じことでした。
rinax
2005/10/18 20:34
こういう前提のシミュレーションは面白いと思うんだけれど、その後の考察がお粗末すぎるので指摘します。

第一 当時の朝鮮は日本の一部であったから、アメリカに対して共に戦った友邦を占領統治などありえない。

第二 軍事最優先の体質は戦時下という特殊な状況が生み出したものであって、戦争終結後にはアメリカなくとも、大正デモクラシーを体験した日本が民主主義体制へ移行したことは容易に想像がつく。その証拠。アメリカも戦争中は日系人を無差別で強制収容所へ送ったり、民間工場で戦艦を作ったりしてました。

第三 あまり知られていないけれど、戦前の日本人はアメリカかぶれもいいとこ。米国産なら映画だろうがなんだろうが何でも万々歳の国民なのでした。そんな日本人がアメリカをやっつけたところで、過酷な植民統治などありえません。

第四 ポジティブな予想を立ててみる。枢軸国勝利により冷戦が消滅する。それに伴って戦後のすべての代理戦争(朝鮮戦争、ベトナム戦争、etc)が消滅。では代わりにナチと軍国日本の世界恐怖支配が到来するか、もしくは日独冷戦が始まるか、ということだけど、前者は起こりえない。前述のように戦争が終われば日本の軍国主義は無くなるだろうし、ナチス独裁が今後数十年にわたって続くとは考えにくいから。

となるとナチス自壊後のドイツの政体がどうなるか、日独冷戦は起こるのか、興味深いところだけれど、楽しい妄想はこの辺にしておきましょう。長々失礼。
日本が勝てばよかったのに、主義者
2010/03/29 10:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
「太平洋戦争日本勝利せば」 BIG-HUG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる